« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

殺人上等!

B000jbxy7g09mzzzzzzz 昨日は渋谷へ。用事を済ませた後は夜までお散歩。
その後西口近くのさくら通りの坂を上り、シアターNへ向かった。
先月号の「映画秘宝」でべたボメしていた「
マーダー・ ライド・ショー2 デビルズ・リジェクト」 を見るためである。

プロットは至って簡単だ。舞台は70年代後半の米国中西部の片田舎。 殺人一家に兄を殺された保安官が私怨込みで彼らを追い詰めるというロードムービー(ホント簡単だ)。

で、何がスゴいって徹底したエログロ描写。一作目を見ていないのでなんともいえないが (もっとスプラッタだったらしい)、人質にしたオバさんを銃で脅してストリップさせるわ、パンティの中に銃口を突っ込んで 「ちゃんとキスしね~とブッ放っすぞ」とか、見ているこちらがガッツポーズしたくなるシーンのオンパレード。 ブレーキの壊れたアブノーマル人間が銃を持ったらこうするだろうなっていうか、要するに普通の映画じゃ陳腐過ぎて、 あるいはコードの壁で描かれないものがダイレクトに目の前で展開される。

カメラワークも含め全編にわたって60年代後半のアメリカンニューシネマへのオマージュが捧げられており、 オタク心をくすぐるとか、監督がロブ・ゾンビだけにサントラが素晴らしいとか、書こうと思えばホメ言葉はいっぱいあるんだろう。

でもこの作品がほかの凡百の映画に決定的な差をつけている部分は別にある気がした。 それはいわゆる型にはまった勧善懲悪、お決まりの善悪二元論をハナで笑い飛ばしている脚本ではないかと思う。

気狂いピエロのパパをはじめ、殺人一家のキャラがあまりに濃すぎて見過ごされがちだが、この映画で一番重要な役はウィリアム・ フォーサイス演じる、一家を追い詰める地元警察のワイデル保安官だろう。米国人の〝ヒーロー〟 エルヴィスを崇めているあたりもやたらと示唆的なのだが、 この保安官のふりかざす正義感は神の名のもとに戦争を仕掛ける今のアメリカそのものだ。「悪いヤツらは死んで当然。法律なんか関係ねえ」 ってんだから。「Devil's Reject(意訳して「悪魔よりもワル」)」は殺人一家だけでなくこの保安官も指しているのだろう。 ひねくれ者の私なんかはこの保安官にシンパシーを感じてしまうほど。

絶対善、絶対悪などそもそもこの世に存在しない。善なる存在(と一般に思われている人間) もいとも簡単に転向する。当たり前のことを描いているに過ぎないが新鮮さと懐かしさを同時に感じる。

テーマの普遍性といい、ディテールののこだわりといい、見終わった後の爽快感といい満点のデキ。 文句なく個人的に今年のベスト5入りする傑作だ。 こういうすぐれた映画がややエログロというだけで成人指定のような扱いでしかないのに首をかしげる。 昔だったら地上波でもバンバン流されていたジャンルだと思うんだが…。

ちなみにシアターNでは、昨年世界中のファンタスティック映画祭を席巻し、 成人指定なのに全米№1になった拷問映画「ホステル」が、「Devil's Reject」 の後釜として上映される。なかなかツボを心得た映画館だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

シンゾーです。強硬には超強硬で立ち向かうとです。

政府は11日、 北朝鮮への制裁強化に伴い、北朝鮮工作員が日本国内でテロを引き起こす可能性が高まると判断して、 国内の治安警戒レベルを強化した。
警察庁は各都道府県警に対し、危機管理と即応態勢の強化を求めるとともに、同日、同庁次長を本部長とする「警備対策本部」を設置した。
防衛庁・自衛隊も各部隊に緊急事態に即応できるよう指示した。

ええかっこしいで厳しい独自制裁に踏み切ったのだから、当然対策は考えているんだろうと思っていたが…。 この程度では片手落ちの批判は免れまい。日本のインテリジェンスの水準からいえば、どこまでのことができるのか正直疑問に思う。 都道府県警レベルではそれこそ「そんなん急に言われても、どないせっちゅーねん」という感じではないか。昨年のパキスタン人誤認逮捕→風評被害のようなケースも考えられるし、 一般レベルでは在日への私刑も起こりかねない。

ついでに散々不安を煽って、 引っ張り放題の日本版愛国法制定ですか?

思えばミサイル発射実験の際に安倍チャンが主張していた敵基地先制攻撃論も片手落ち。 反撃でテポドンを撃たれたら現時点で対抗手段はない(MD構想の欠陥は各所で指摘されている通り)のだから。日本海側の原発群はもちろん、 東京だって実質丸裸です。
額に銃を突きつけられているのに「テメーコノヤロ。武器捨てろ」って言ってるようなもん。

追加制裁発表時の安倍チャンの高揚感にあふれた表情といったら…。「戦時下の国家元首」気取り。バカじゃねーの。 そんなに闘いたきゃオマエ一人でやってこい。

以下追記

米国務省は11日、 日本が決定した北朝鮮に対する追加制裁措置を支持する報道官談話を発表した。談話は、 北朝鮮からの輸入全面禁止などを柱とする追加制裁措置について、「北朝鮮が大量破壊兵器計画を続ければ、政治的・ 経済的孤立を深めるだけだという明確なシグナルとなる」と高く評価した。(読売新聞)

なあんだ。やっぱり〝独自〟 制裁なんて口だけのパフォーマンス。「こんなん考えましたけど、大丈夫すかね」ってお伺い立ててたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »