« 外交無策のツケ | トップページ | 時を〝駆ける〟少女 »

2006年8月29日 (火)

真夏の夜の夢

日曜は友人に誘われて浜名湖畔で開催されたフェスに行ってきた。「夢人島2006」。 サザンオールスターズをはじめアミューズ所属のアーティストが一堂に会するイベントである。

いわゆる夏フェスはといえば大阪にいたときに行ったサマソニがこれまで唯一の体験だった。
あれは01年だったか。あのときはマリリンマンソンがいてスリップノット、たしかプラマイルスクリームまで出てきた気がする。 近くに阪神高速や国道があり大気汚染がひどく住環境としては最悪だった港区に住んでいたのだけど、 会場の南港までチャリで行ける距離だったのは何よりだった。仕事も暇だったので昼間っから酒を呑み、 夜はライブハウスに通う毎日だったのを思い出す。

それはともかく夢人島である。最初はそれこそ福山雅治? ミスチル?そんなんでノれんのかい、ぐらいに思っていたのだけれどいい意味で予想を裏切られた。いや、やっぱりミスチル桜井の〝自分大好き〟 には閉口したし(「もう一発やらせてくれ」発言に爆笑しました)、 オーディエンスの反応を確かめずに自分勝手に歌って終了のポルノグラフィティには失望した。 でもサマソニを見たときには感じなかったいわゆるフェスの雰囲気をたっぷり味わえたのは幸福だったと思う。

何より会場の浜名湖ガーデンパークが良かった。 花博を開催しただけのことはあり、自然との調和が取れていた。 出演アーティストの顔ぶれもあってオーディエンス結構年配の方や家族連れが多く、 当初想像していたフェスの雰囲気とは違いだいぶアットホームな雰囲気。 噴水で戯れる子どもたちを見ながら呑むビールのおいしかったことといったら!  最寄駅から会場までの移動手段をシャトルバスに限ったためやたら時間がかかったこと、 トイレのことなど運営面に不満は残ったけれど単発のイベントであることを考えれば致し方ない部分もあろう。 最後までハッピーな気分で過ごすことができた。これがフェスの醍醐味なんだと改めて感じた一日だった。

それにしてもすごいと思ったのがサザンオールスターズ。デビューしてどれだけ経つのか(25年くらい?) わからないけれど未だにこれだけの幅広い世代から支持を受け続けている事実にまず驚く。 楽曲の完成度の高さもさることながらやっぱり彼らはファンを第一に考えている。オーディエンスを楽しませることで、 自分たちもライブを心ゆくまで楽しめるということを知ってるからこそのサービス精神なのだろう。 サザンのライブは初体験だったがそのパワーに圧倒された。ラストの「希望の轍」 のイントロが流れたときは鳥肌が立って期せずして涙が出てきた。

わたしを誘ってくれたGLAYファンの友人が「サザンすげーな。GLAYも10年後あんなふうに歌えてるのかな」 とポツリと話したのが印象に残った。


|

« 外交無策のツケ | トップページ | 時を〝駆ける〟少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45759/3240016

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の夢:

» believe me 歌詞和訳 3 [洋楽歌詞を和訳して英語を学ぼう!]
gyaoでサマソニの映像がアップされましたね! いやいや、様々なアーティストが出てて面白いです。( [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 10時55分

« 外交無策のツケ | トップページ | 時を〝駆ける〟少女 »