« 司法権力暴走中 | トップページ | ウーゴ・チャベスという男(漢?) »

2006年3月29日 (水)

愛すべきB級映画たち

L_img_01_1今日は新宿で少し暇ができたのでたまたま割りチケを持っていた松竹へ。一番待ち時間が少なくて済む 「サウンドオブサンダー」を見てきた。
以下
公式ブログにあった惹き文句を引用。

西暦2055年。人類の長年の夢・タイムトラベルが可能になった時代。 シカゴにある大手旅行代理店タイム・サファリ社では、6500万年前にタイムトラベルし、 恐竜狩りを楽しむという画期的なツアーが人気を集めていた。しかし、人々はまだ気づいていなかった。過去への旅が、 恐ろしい危険をはらんでいることを・・・

余りに稚拙なCGと実写の合成(女優が足踏みしているのがバレバレ)や、破壊シーン (ミニチュア。日本の戦隊ものみたい)に激萎え。製作者こそ過去に戻って映画を作り直せよ。とか思ってイライラしながら見ていた。

ところが中盤以降、 過去を変えたことで生物の進化に変化が生じたあたりから俄然面白くなってきた。何せカブトムシが大量発生して人を殺したり、 爬虫類と霊長類が交じったような獰猛な生物が「ジュラシックパーク」のヴェロキラプトルばりに人を襲ってきたり、 FFに出てきそうな水棲モンスターが突然出現したり…。

わたしはゾンビ映画が大好き(ちなみに今使ってるPCの壁紙はこんなだったりする) なだけにこれにははまった。後半はシリアスな展開になればなるほど、チープさとの落差が際立ち、笑いをこらえきれず吹き出し連発。 隣のオジサンに睨まれてしまった。

M030431a_4 ハリウッドはたまにこういうトンデモ映画を作ってくる。最近でいえばわたしが覚えているのは 「コア」 だ。こちらは地震兵器の実験により地球の核の運動が停止し、次々と異常現象が発生。核の運動を再開させるために地中へドリルマシンで潜る… という作品。

高温高圧をナメ切った余りに非科学的な設定だけに、ボロクソにけなす向きも多いようだが、 わたしは結構楽しめた。方向感覚の狂ったトラファルガー広場の鳩がボタボタ落ちてくるシーンは迫力があったし、編集のテンポも良かったもの。

この映画にはなぜかあのヒラリー・スワンクも出演している。ミリオンダラーベイビーの前年。 まだ作品を選べる段階ではなかったのかな。「サウンドオブ…」のベン・ キングスレーもそうだけどこういうB級作品に出る名優を見るのも面白い。

|

« 司法権力暴走中 | トップページ | ウーゴ・チャベスという男(漢?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45759/1207136

この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべきB級映画たち:

« 司法権力暴走中 | トップページ | ウーゴ・チャベスという男(漢?) »