« 日本勢の不調は必然? | トップページ | イヴになったアダム »

2006年2月17日 (金)

SNSに思う

友人から巷で話題のmixiに招待していただいた。先ほど登録を完了したので早速いろいろ覗いてみる。

まず何より驚いたのはその規模の大きさだ。ミクシィがオープンしたのは04年2月。わずか2年で260万人の会員を集めるに至っている。開設から9か月後、04年11月25日付けBroadBandWatchの記事では当時の会員数は18万人。この1年かそこらでいかに急激に膨張したかがわかる。最近では時間帯によってはトラフィックが増大し過ぎて、重くなることもしばしばとか。全方位オープンなウェブ上においてあえてクローズドなコミュニティー…。良くできたシステムだと思うし、人気が出るのも納得だ。

前出の記事によれば男女比は6:4。今もこの割合が変わらないとすれば20台後半を中心に100万人を超える女性が登録していることになる。そんじょそこらの百貨店の会員数を大きく上回る巨大なマス集団がいて、しかも細かに設定されたプロフィルにより各人の趣味嗜好は細分化される。収入面を知るすべはないものの、これほど効率のいい広告媒体もあるまい。

パソコンテレビGyaoの視聴登録者は700万人を突破、今年度中には1000万人を超えるとも言われている。1000万…。メディア界大変革の胎動はとっくに始まっているようだ。

|

« 日本勢の不調は必然? | トップページ | イヴになったアダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SNSに思う:

« 日本勢の不調は必然? | トップページ | イヴになったアダム »